HOMEガンマナイフハイパーサーミア一心だより糖尿病コーナー病院機能評価対策
開院挨拶病院概要施設概要スタッフ医療機器病院への道順医師求人情報一般求人情報

サーモトロン-RF8を用いたハイパーサーミアの臨床例
◎原発性肺癌
(カタログより)
  東京大学医学部胸部外科

<患  者> 65歳、男性。

<主  訴> 嗄声。

<診断所見>
        X線写真で左肺門より左上葉S1+2にかけ、
       12X7cmのtumor massが認められ、CT、
       MRI、アンギオなどの総合的診断で左縦隔
       への浸潤が示唆され、Stage IIIbと診断
       された。TBLBでの組織型は扁平上皮癌で
       あった。(図1,2)

図1 ハイパーサーミア前
<治療方法・経過>
        放射線合計40Gy、およびサーモトロン-
       RF8によるハイパーサーミアを43℃、750
       Wで合計8回施行したところ、XP上で腫瘍
       径40%以上の縮小が認められた(図3)。
        外科的に左上葉を切除し、縦隔リンパ節
       を廓清の上、心膜を合併切除し、肺動脈を
       左肺動脈主幹から肺動脈幹にかけて部分切
       除し、動脈欠損部の angioplasty を行っ
       た。
        合併切除した縦隔胸膜浸潤部の組織像を
       みると、大部分が壊死または線維化してお
       り、癌細胞はほとんど認められなかった。

図2 ハイパーサーミア前
<考  察>
       原発性肺腫瘍の場合、術前施行群が有効で
       あった。長期の生存例もみられており、補
       助療法として有効な方法の一つになると考
       えられる。

図3 ハイパーサーミア8回
   放射線40Gy後


ハイパーサーミア
次へ  
ハイパーサーミア
前へ
ハイパーサーミア
最初へ

ホームへ 

HOMEガンマナイフハイパーサーミア一心だより糖尿病コーナー病院機能評価対策
開院挨拶病院概要施設概要スタッフ医療機器病院への道順医師求人情報一般求人情報

- OKAMURA ISSHINDOW HOSPITAL / established in 1988 -