HOMEガンマナイフハイパーサーミア一心だより糖尿病コーナー病院機能評価対策
開院挨拶病院概要施設概要スタッフ医療機器病院への道順医師求人情報一般求人情報

サーモトロン-RF8を用いたハイパーサーミアの臨床例
◎びまん型肝細胞癌
(カタログより)
  京都大学医学部放射線科

<患  者> 66歳、女性。

<主  訴> 右季肋部不快感。

<経  緯>
       数年前より肝機能障害を指摘され
      ていたが、上記主訴により精密検査
      を行った。

<診断所見>
       肝右葉に12cm大のびまん性の腫
      瘍と門脈本幹におよぶ腫瘍塞栓が指
      摘された(図1)。

図1 治療前       図2 治療直後
<治療方法・経過>
      手術不能症例として、サーモトロン
     -RF8によるハイパーサーミアを16回
     行った。その際に全身性発熱性免疫賦
     賦活剤のOK-432(Picibanil)の投与
     も併用した。腫瘍に著明な縮小効果が
     みられ、AFP値も著しい低下傾向を示
     した。


図3 治療3年後

<治療効果>
      治療直後、腫瘍影はCT上では消失し(図2)、AFP値も術前の425,000ng/mlから
     41ng/mlに低下した。その後もAFP値は低値を示していたが、3年後に軽度上昇した
     ため、精査を行ったところ左葉に再発を認め、腫瘤の摘出を行った。
      その際に右葉の生検を行ったが腫瘍細胞の残存を認めなかった。患者は8年後の現在
     も再発を認めず、元気に外来で経過観察を受けている。

<考  察>
      ハイパーサーミアとOK-432の併用
     で<著効の得られた症例である。我々
     の施設でハイパーサーミアを行った深
     部腫瘍の中で、最も症例数が多いのが
     肝細胞癌であり、この症例はその契機
     となった印象深い第1例目である。



図5 治療中のAFP値の変化


ハイパーサーミア
前へ
ハイパーサーミア
最初へ

ホームへ 

HOMEガンマナイフハイパーサーミア一心だより糖尿病コーナー病院機能評価対策
開院挨拶病院概要施設概要スタッフ医療機器病院への道順医師求人情報一般求人情報

- OKAMURA ISSHINDOW HOSPITAL / established in 1988 -