HOMEガンマナイフハイパーサーミア一心だより糖尿病コーナー
開院挨拶病院概要施設概要スタッフ医療機器病院への道順医師求人情報一般求人情報


ハイパーサーミア(癌温熱治療)

 癌の治療法には手術治療、抗癌剤を使う化学療法、放射線治療の三つがあります。いずれも患者さんにとっては身体的な負担の大きいものです。
 第4の治療法として癌の局所を加熱してガン細胞をやっつけるハイパーサーミア(温熱治療)があります。第5の免疫療法とともに、最近注目されている体に負担の少ない治療法です。
 当院では市販の人体用温熱装置では世界最強の1500ワットのサーモトロン-RF8を1999年6月に導入し、治療を開始しました。従来は放射線治療と併用の場合のみ健康保険が使えましたが、温熱治療単独でも効果が認められることから1996年より単独使用でも健康保険が使えることになりました。当院では、現在、少量の抗癌剤と併用しております。
 深部の癌治療には1200ワット以上のパワーが必要とされています。
 黒いボタンの箱は治療中に鑑賞するテレビです。

   がん難民を救う切り札温熱療法
      (「わかさ」2006年9月号より転載)


   がん治療最前線
      (「がん治療最前線」2006年3月3日より転載)


   ハイパーサーミア発表
      The Kadota Fund International Forum2004にて


    当院の肺腺癌の症例を提示

    加熱の原理(機器カタログより)

    違いは13cm(機器カタログより)

    人体加温分布(機器カタログより)

    臨床例1 原発性肺癌(機器カタログより)

    臨床例2 びまん型肝細胞癌
          (機器カタログより)






ハイパーサーミア
次へ  
施設概要へ 医療機器へ ホームへ

HOMEガンマナイフハイパーサーミア一心だより糖尿病コーナー
開院挨拶病院概要施設概要スタッフ医療機器病院への道順医師求人情報一般求人情報

- OKAMURA ISSHINDOW HOSPITAL / established in 1988 -