HOMEガンマナイフハイパーサーミア一心だより糖尿病コーナー 開院挨拶
病院概要施設概要スタッフ医療機器病院への道順医師求人情報一般求人情報


糖尿病の薬物療法

               糖尿病療養指導士・薬剤師  野見山聖子

1 はじめに
糖尿病の治療はライフスタイル改善に向けた食事療法運動療法が基本となります。しかしながら、食事療法と運動療法だけでの血糖コントロールが不十分な場合にはクスリによる治療(薬物治療)を行います。したがって、糖尿病の薬物治療では食事療法と運動療法がきちんと成されていることが前提です。

2 薬物療法
(1)内服薬
 a.血糖降下剤(スルホニルウレア剤):ダオニール・オイグルコン・
   グリミクロン・アマリールなど
    膵臓からのインスリン分泌を促進することにより血糖を下げる薬です。そのた
    め、インスリン分泌が不足している患者さんには無効です。また、長期間の服
    用により膵臓の働きが弱まり、薬の利き目が薄れてくることもあります(二次
    無効)。その場合にはインスリン療法への切り替えにより、疲れた膵臓を休ま
    せてあげることも必要です。このお薬は食前または食後に服
    用します。

 b.速効型インスリン分泌促進剤:スターシス・ファスティック
    aと同様に膵臓からのインスリン分泌を促進しますが、aに比べ吸収が速いた
    め服用後短時間で血糖降下作用が現れます。このお薬は食直前に服用
    します。

 c.血糖降下剤(ビグアナイド剤):メルビン・メデット・ジベトスBなど
    消化管からの糖吸収の抑制、肝臓での糖の産生などを改善することにより血糖
    を下げる薬です。
    過去にこの系統の薬は乳酸アシドーシスというひどい副作用が報告され一時使
    われなくなりました。しかし日本では外国のように大量に使われませんし、中
    でも副作用の少ない薬が登場してきました。さらに主として肝臓におけるイン
    スリン抵抗性を改善する作用があることが証明され、膵臓を疲弊させない、肥
    満、食欲増進の副作用が無いことから、最近再評価され使用される頻度が多く
    なっています。
    このお薬は食前または食後に服用します。

 d.食後過血糖改善剤(α-グルコシダーゼ阻害薬):ベイスン・グルコバイ
    小腸での糖分の分解・吸収を遅らせることで、食後の急激な高血糖を抑える薬
    です。このお薬を単独で飲んでいる場合に低血糖を起こす可能性は稀ですが、
    他の血糖降下剤との併用により低血糖を起こした場合にはブドウ糖を摂取して
    下さい。このお薬は必ず食直前に服用します。(食後服用では効果がありませ
    ん。)

 e.インスリン抵抗性改善剤:アクトス
    インスリンに対する身体の反応が鈍いために高血糖になっている状態(インス
    リン抵抗性)を改善する薬です。筋肉などの末梢組織でインスリンの作用を高
    めることにより血糖を下げます。このお薬は1日1回、朝食前または朝食後
    に服用します。

(2)注射(インスリン療法)
インスリンは血液中のブドウ糖が体内でエネルギー源として十分に利用されるのを助け
るホルモンです。インスリン療法は不足しているインスリンを注射で補うことで血糖コ
ントロールを行います。残念ながら、インスリンは口から飲むと胃や腸の中で分解して
しまうので注射という方法でしか補充できません。インスリンには作用時間の短いもの
から長いものまで、たくさんの製剤があります。
表:インスリン製剤の種類と作用の違い
種類作用発現時間最大作用時間作用持続時間
超速効型製剤約0.250.5〜1.53〜5
速効型製剤(R)約0.51〜3約8
混合型製剤(10R〜50R)約0.52〜85〜7
中間型製剤(N)約24〜12約24
持続型(U)約48〜2424〜28
                           (単位:時間)
<インスリン注射の手順>
(1)注射をする前に手洗いをする。
(2)インスリン液を泡立てないようにそっと混ぜる
(3)空気を抜くために空打ちをする。
(4)必要なインスリンの単位数をセットする。
(5)注射部位(毎回、3cm程度ずらす)を消毒する。
(6)皮下(血管に入らないよう)に注射する。
(7)注射後の皮膚はもまないこと。

<インスリン注射で気をつけること>
・注射前にインスリンの種類、単位数に間違いがないかどうか確認しましょう。
・注射前後に激しい運動をするのは避けましょう。
・針は医療廃棄物として処理するので、病院へ持参しましょう。

3 薬物療法の注意点
(1)薬の名前・量・服用方法もしくはインスリンの種類・単位数・打ち方を正しく理解し
 ましょう。
(2)必ず医師の指示に従い、自分の判断で勝手に薬(インスリン)の量を増減してはいけま
 せん。自分で量を増減する場合、医師の指示した条件にそって変更しましょう。
(3)低血糖への対処方法を理解しましょう。
(4)病気の時には、医師に連絡をとり、薬(インスリン注射)の量を調節してもらいま
 しょう。
(5)他の病院で処方を受ける時には、糖尿病の薬(インスリン注射)を使用していることを
 伝えましょう。

4 薬物療法を効果的に行うために
糖尿病の治療は食事療法運動療法が基本です。これらが正しく行われていないと薬
の効果が現れないばかりでなく、逆に効き目が強くなりすぎたりすることもあり大変危
険です。ですから、食事は毎日同じ時刻に摂るようにし、薬は決められた量を決められ
た時間に飲むようにしましょう。同様にインスリンも指示された種類・単位数を指示さ
れた時間に注射するようにしましょう。また、薬を飲んでいる(インスリンを注射して
いる)からと安心して食べ過ぎないよう心がけることも大切です。


糖尿病コーナー
  次へ

糖尿病コーナー
  前へ

糖尿病コーナー
  最初へ

ホームへ

HOMEガンマナイフハイパーサーミア一心だより糖尿病コーナー 開院挨拶
病院概要施設概要スタッフ医療機器病院への道順医師求人情報一般求人情報

- OKAMURA ISSHINDOW HOSPITAL / established in 1988 -