HOMEガンマナイフハイパーサーミア一心だより糖尿病コーナー
開院挨拶病院概要施設概要スタッフ医療機器病院への道順医師求人情報一般求人情報


糖尿病の運動療法

               理学療法士 太田貴博

糖尿病の運動療法の主体となる全身運動は、内分泌・代謝系、呼吸・循環器系、運動器系に大きな変化を与えて、有酸素運動能力、末梢組織のインスリン感受性を改善します。その結果、糖・脂質・蛋白代謝の乱れを是正するほか、表1のような効果が期待できます。しかし、個人個人の病態や治療内容に即した運動を行わなければ、低血糖を招いたり、合併症を誘発・増悪させる危険があります。

表1 運動がもたらす8つの利益
血液の循環が改善される呼吸作用が活発になる
老廃物の排除を円滑にする消化の増進・吸収の促進
成長を刺激する心臓を強くする
筋肉を強くする神経活動を増進する

1)運動の種類(以下の項目に注意します)
   全身の筋肉を使用します
   筋肉にリズミカルな刺激を与えます
   いつでも、どこでも、誰にでも出来る
   運動の強さを決めやすい
   楽しく、長く続けられる

2)運動量と強さ
  (1)運動の強さを知る目安として、心拍数を基準として、表2の「体力年代別の
   各種運動強度に対する脈拍数」を用います。糖尿病に対して効果的な運動強度
   は40〜60%の中等度レベルです。

表2 体力年代別の各種運動強度に対する脈拍数(毎分)
10080604020
運動強度最大強度強度中等度中等度軽度
 運動強度の
限界値
中高年者の運動作りはこの
範囲内の運動を持続し行う
初心者はこの
範囲の運動を
この程度では
負荷が軽すぎ
10歳代19316614011387
20歳代19816113611085
30歳代17915513110884
40歳代17215012710582
50歳代16514412310281
60歳代1581381199980
70歳代1511331159678
自覚運動
強度
非常にきつい
からもうだめ
という感じ
かなりきつい
が持続できる
範囲
マイペースの
ジョギング程
度の運動
少し運動にな
るという感じ
かなり楽に感
じる運動動作

  (2)エネルギー消費については、1単位を80kcalとして、運動により160kcal
   (2単位)、準備・整理体操で80kcal(1単位)で1日合計240kcalに達す
   る運動量を当初の目標とします。具体的な運動は表3に示します。

表3
運動に軽い1単位当たりの時間 
非常に軽い30分間くらい続けて1単位散歩、乗り物(電車・バスでの立体)、軽い体操、
炊事、家事(選択、掃除、買い物、一般事務)
軽い20分間くらい続けて1単位歩行(70m/分)、入浴、階段(下り)、
ラジオ体操、自転車(平地)、ゴルフ
中等度10分くらい続けて1単位ジョギング(軽い)、階段(昇り)、自転車、
歩くスキー、テニス、バレーボール、登山
強い5分間くらい続けて1単位マラソン、縄跳び、バスケットボール、水泳、剣道

3)運動継続時間・実施時間
   代謝の改善を目的とする場合、少なくとも10分以上の一定強度の運動負荷が
   必要となります。運動は時間が長ければ長いほど効果があるとされていますが、
   疲労・低血糖に注意して行わなければなりません。また、準備体操と整理体操
   を含めると、主となる有酸素運動は20分が適当であると考えられます。また、
   実施時間については、血糖値やインスリン値がピークになる、食後30分〜1
   時間経過後が勧められます。

4)運動頻度
   急性代謝効果は数時間〜1日持続し、トレーニング効果は3〜4日しか持続しま
   せん。したがってできるならば1日に2回、そして週3回以上実施すべきです。

5)実施上の注意
   低血糖予防のため、食後30〜40分して行う。
   中等度の運動を時間をかけて行う。
   準備体操・整理体操を十分行う。


糖尿病コーナー
  次へ

糖尿病コーナー
  前へ

糖尿病コーナー
  最初へ

ホームへ

HOMEガンマナイフハイパーサーミア一心だより糖尿病コーナー
開院挨拶病院概要施設概要スタッフ医療機器病院への道順医師求人情報一般求人情報

- OKAMURA ISSHINDOW HOSPITAL / established in 1988 -