[HOME]
TOPICSハイパーサーミア開院挨拶病院概要
施設概要スタッフ医療機器一心だより求人情報

 名誉理事長・相談役
  岡村 一博
  おかむら かずひろ

担当診療科 内科、総合診療科
得意分野 血液尿検査をもとに総合的に診断治療すること
がんの温熱・化学療法
(電磁波温熱治療装置を少量抗がん剤治療と組み合わせた がん休眠療法)
取得資格等 ・日本臨床検査医学会専門医
・日本医師会認定産業医
・岡山県緩和ケア研修会修了
・厚生労働省臨床研修指導医
・総合評価加算に係る研修修了
メッセージ 岡村一心堂病院は1988年5月に岡山市西大寺に開院しました。丁度、病床規制が始まったときで、西大寺地区では病床が不足してはいましたが、岡山市は病床過剰で、病院が開設できるかどうか不安な時期でした。建築が始まると、丁度、瀬戸大橋の建設時期と一緒になり、職人不足で病院建築を一ヶ月、休まされた時期もありました。資金難もあり、難産で産まれた病院です。
「どんな病院をしたいのか」 と恩師の柴田進先生に尋ねられたとき、「看護師や検査技師が本来の仕事が出来て、医師と一緒に診療ができる病院にしたい」 と返事をしたところ、「それはチーム医療だ。岡村一心堂病院と名付けなさい」 と仰って頂きました。岡山県庁の衛生部に勤務していた同級生の高木寛治先生には 「コンピュータを核にするインテリジェント ホスピタルを作る」 と宣言しました。
それからほぼ30年経ちました。理想に描いていたチーム医療の出来る、コンピュータ援助のある病院が出来たと思います。その一つの形が 「パニック事象報告システム」 です。
電脳部の諸君とコツコツ作り上げてきた一心堂電子カルテもほぼ完成しました。一心堂電子カルテには医療ミスを防ぎ、安全な医療を完遂するための様々な技を埋め込みました。完成に向かって、毎日磨き上げていますが、医療や機器は日々進歩していますので、一心堂電子カルテの本当の完成はないでしょう。
岡村一心堂病院では、診療レベルの高い医療を提供するために、最新の医療機器を導入するよう心がけて参りました。全国に先駈けて、全職員の完全週休2日制を採用し、院内保育所を完備するなど職員の福利厚生にも努めて参りました。その結果、30年働き続けましたが、法人にも、病院にも、理事長にもお金はありません。でも、それは正しい経営だったのではないかと思っています。
ひたすら 「より良い医療」 を追及し、今日のここまで来ることが出来ました。心の底から、ありがたい事だと思っています。陰に日向に支えて下さった方々に御礼申し上げ、今後とも岡村一心堂病院をよろしくお願い申し上げます。
経歴 1969年 3月
山口大学医学部卒業
1969年 4月 山口大学第3内科(柴田進教授)
1972年 7月 米・シカゴ市ノースウェスタン大学医学部レジデント(病理学4年間修了)
1976年 8月 (財)天理よろず相談所病院(臨床病理部)
1979年 4月 川崎医科大学助教授(検査診断学)兼附属病院医長(中央検査部)
川崎医療短期大学助教授(生理学)
1980年 4月 特定医療法人徳洲会 八尾徳洲会病院 中央検査部長
1981年 5月 特定医療法人 亀甲会 総合病院多根病院 名誉副院長
1982年 3月 社会福祉法人 大阪府済生会泉尾病院 健診センター所長 研究検査科科長兼任
1988年 5月 岡村一心堂病院開設 院長
1992年 8月 医療法人岡村一心堂設立 同理事長
2017年 6月 理事長退任、名誉理事長就任。相談役就任
賞罰 1975年 5月 シカゴ病理学会よりヘクトン賞第1位受賞
学会 1969年 4月 日本臨床病理学会加入
日本内科学会加入
1979年 5月 日本臨床病理同学院 会員
1982年 6月 日本臨床病理学会近畿支部 評議員


ホームへ

TOPICSハイパーサーミア開院挨拶病院概要
施設概要スタッフ医療機器一心だより求人情報

- OKAMURA ISSHINDOW HOSPITAL / established in 1988 -